借金の一本化は本当にお得なの?

借金の一本化

色々な会社からローン、借金がある人が思いつく方法の一つが「借金の一本化」ではないでしょうか?俗にいうおまとめローンというものです。これ、本当にお得なのでしょうか?

実は思っているほど得ではありません。

某銀行数社が借金の一本化を薦めていますが、銀行が薦めるものに良いものはありません。
これは証券会社の営業マンにも言えることです。

銀行は、銀行が儲かるから薦めてくるのです。

借金の一本化のメリットは3つある

借金の一本化のメリットは3つあります。

  1. 消費者金融の利率よりも低い利率で借り入れができる
  2. 借金の債権者が一つになるので楽で、手数料も1社分だけで済む
  3. 借金を全額返金するのでブラックリストに載らずに済む

特に一番のメリットと言えるのが、複数の借金を一つにまとめられることです。これは精神的な負荷が減るので一番のメリットで煩雑な返金作業が1社だけになるので、楽だと感じるでしょう。

ですが低い利率と言っても大体14~17%位が上限となっており、喜べるほど安い利率とは言えません。銀行の預金の利率が1%にならないのですから、どれだけ高いかわかりますよね?

確かに多重債務の場合、18%に近い利率の返済を複数行わなければいけません。これが一本化になるので負担は減ります。それでも全体的な借金はあまり減っておらず、人によっては思ったような恩恵に預かることができないのです。

借金の一本化のデメリットもある

借金一本化のデメリットももちろんあります。それは一本化による返しすぎです。引き直し計算をせずにまとめて一括で返金するので、過払い金請求ができた借金もあるかもしれません。

それを調べることなく借金の一本化をしてしまうのは、ある意味でもったいない気がします。でも、時間がないのですよね。そこを借金の一本化は狙っているのです。

そしてこれが一番の食わせ物なのですが、カンタンに審査が通りそうなイメージがありますが、思っている以上に審査は通りません。
多重債務者の人たちに向けたローンのはずですが、実際は通らず厳しい状況が続く可能性が高いのです。

あなたにとって良い方法を選ぶしか無い

どちらにしてもあなたの借金がどうなるか調べて計算し、条件が良ければ一本化を行うべきです。

メリットの3にもありますが、債権者に全額返済をするのでブラックリストに載らないのは、消費者金融からであって、一本化してくれた銀行には返す借金がしっかりと残っています。
多くの人は一本化するとあたかも借金が減ったかのような気持ちになりますが、状況は何も変わっていないのです。

少なくとも弁護士に依頼をすれば、借金解決に向かって動き出すことが可能です。

返済しきれていないから多重債務になったのではないですか?

根本から変えるには借金専門の弁護士に相談するのが一番です。
相談は無料でできますので、気張らずに試すことができますよ。

→ 借金専門弁護士に相談してみる