過払い金請求は真面目に完済した人にこそ知ってほしい

過払い金請求

以前お金を借りていて、高い金利だったにも関わらず完済しているあなたは、過払い金請求ができる可能性があります。

これを知らない人がいまだ多いのです。

過払い金とは

カンタンに言うと、過払い金とは借金をした人(債務者)が消費者金融などに多く返しすぎたお金のことです。

利息制限法の定める利率を超えて返済しているので、多く返済した分を取り戻しましょうと言うことです。

利息制限法が施行された2010年以降に借りた人で該当する人は少なくなっています。
ですが、それ以前にお金を借りていて完済しているのであれば、過払い金請求をしてみた方が絶対に良いでしょう。

借りたお金をしっかり返したからこの制度が利用できます

過払い金請求は、お金を貸した側が法外な利息で返済を求めていたにも関わらず、きちんと返していたので成り立つものです。

2010年6月から利息制限法が施行されたことを考えるとそれ以前にお金を借りて、完済しているならば、当てはまる可能性があります。

業者は首を縦に振らない

実は業者はカンタンに首を縦に振りません。

利息制限法が実施されたとはいえ、過去の利息を請求されては現在の利益を圧迫してしまうからです。消費者金融業界もこの制度が実施されてから、銀行と提携することで生き残りをはかってきました。今更すぐに返済に応じることはないのですね。

だからこそ、借金専門の弁護士や司法書士の交渉が必要になってくるのです。

ですが弁護士、司法書士であれば良いわけではありません。
借金を専門としてきたか、企業に特化した弁護士、離婚問題を得意とする弁護士にもいます。
過払い金請求で大きな成果をあげる交渉力には差があるのです。

その点はたの法務事務所は、債務受任件数が8000件以上にもなります。
それだけ債務整理について熟知しているのです。

はたの法務事務所のサイトにはこう書かれています。

手続費用だけで決めず、実際にも戻ってくるお金を考慮しトータルで考える必要があると。
カンタンに言えば、費用が安いから選ぶのではなく、取り戻せる力量で選ぶ方がいいですよと言っているのです。

そうは言ってもはたの法務事務所は破格の費用を要求していません。
他の事務所とほぼ同じくらいなので、安すぎる法律事務所は気をつけるべきだと思います。

→ はたの法務事務所に連絡する

過払い金請求には時間の制限がある

過払い金請求の制限は10年と言われています。
なので、完済してから10年以内に動かなければ交渉が難しくなります。

お金を貸していた業者自体の経営が傾いている事実もあります。

これは過去の利率で過払い金請求が重なり、貸金としての経営が成り立たなくなっているからです。貸していた会社が潰れてしまっては、過払い金請求はできません。

経営を圧迫している会社だと返済を低くしてほしいと逆に泣きつくこともあるのです。

過払い金請求のまとめ

  • 利率の高い時期に完済をしているなら過払い金請求ができる
  • 過払い金請求の交渉は日々厳しくなっている
  • 交渉は素人ではムリなので専門家に依頼する必要がある
  • 過払い金請求は完済してから10年以内に交渉する必要がある
  • 貸していた会社自体が潰れる可能性がある

残り時間は少なくなっています。
完済しているのであれば、弁護士か司法書士の先生に相談しましょう。

→ TOPページへ