年末年始の出費で返すお金がなくなった場合は?

年末年始の出費で返済出来ない

年末年始って出費がものすごいですよね。

毎月カツカツでお金を返済しているのに、迎えた年末年始。

新年の親戚と会い、娘にもらうお年玉が何より重くつらいんですよね。
親戚の子供にもお年玉をあげなければいけないからです。

情けない話ですが、お正月が来なければお年玉のやりとりをしなくて済むわけです。
クリスマスもなけなしのお金の中からプレゼントやケーキを購入したのに、続けて年始のお付き合いが始まるわけです。

借金を返している方ならわかると思いますが、この日本伝統の行事すら返済の妨げになると考えてしまう自分がいるのです。

「この状況からなんとか抜け出したい!」

このように本気で思っているならキャッシングの増額申請をしてはいけません。
さらに借金を増やすようなことをしてはいけないのです。

じゃあどうすれば良いの?

それは今ある借金を無くすことです。
具体的に言えば、債務整理の相談を弁護士、または司法書士の先生に依頼することです。

今足りないお金のために借金を増やしてはいけません。

まず今借金があるなら、減額などの処置をしてもらうのが一番です。利息はつかずに返済できる金額に交渉してもらうこともできますし、借金解決に向けた方法を考えてくれます。

全ては弁護士や司法書士の先生に相談し、自分の借金と向き合っていくしかないのです。

相談することに抵抗がある人が多いのは知っています。実際に私も相談できずに何ヶ月も過ごした経験があります。相談するのが恥ずかしい。依頼してもそのお金を支払うことができない。そんな気持ちが常にありました。

ですが、司法書士の先生に依頼して借金を無事に返すことができた今、はっきり言えることがあります。それが「もっと早くから相談するべきだった。」でした。

向こうは借金問題解決のプロです。自分が借金をしていて話をするのが恥ずかしいと思っていても、弁護士、司法書士の先生にとっては真剣に悩みを打ち明けに来ている相談者の一人でしかありません。

借金が返せずに困ったことに対して親身になって相談に乗ってくれますが、見下すような対応はありません。今は士業が余っている時代なので、そのような横柄な態度をしていると途端に噂が広まり、仕事がなくなってしまいます。

自分たちの持っている方法で債務者の負担をどれだけ軽くできるか、それ以上に過払い金請求ができないかを真剣に考えてくれます。

今借金に苦しんでいるなら、すぐに相談して心の負担を軽くしてください。あなたのちょっとした勇気がこれからの人生を良くしていくのです。

>> 借金問題について親身に考えてくれる司法書士はこちら