債務整理って何?

債務整理

債務整理とは、借金が返済できずに苦しんでいる人のために、借金を返済する債務者の借金問題を再生する方法のことです。

この債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の方法があります。

この内容をほとんどの方が知りません。「聞いたことがあるけど意味を知らない」と言う人が多いのです。

ものすごくカンタンに言うと、いくつかの借金を解決する方法のことです。
それでは順に説明していきましょう。

任意整理

任意整理は裁判所での手続きをせずに、原則3年の分割で借金を支払う方法です。

メリットとしては利息制限法による再計算をして、借金が減ります。返す借金が減ることで未払利息や遅延損害金などを心配しなくてよくなります。

  • 名前が官報に載らずに済みます。
  • 信用情報機関に登録されます。
  • 強制執行手続きを中断することができません。
  • 債権者と和解後は自分で残りの借金を支払います。

個人再生

個人再生は任意整理よりも少ない金額を支払えば良くなることが多いです。
その分制限、デメリットも大きくなります。

  • 名前が官報に掲載されます。
  • 裁判所に書類を提出しなくてはいけません。
  • そしてこの手続が非常に煩雑です。
  • 信用情報機関にも記載が載ります。

自己破産

ほとんどの方が知っているのが自己破産ではないでしょうか。
これは、借金が返済出来なくなると、すぐに思いつくほど知られていますが、デメリットばかりが強調されているので、自己破産も借金を整理する方法のひとつに過ぎません。

「借金を返せなくなったら、自己破産をすればいいや」このようなセリフを吐く人がいますが、実はそれほど甘くはありません。借金をした経緯が問題になるのです。

思いっきり遊んで借金が返せなくなったから、自己破産とはならないのです。自己破産は下記の特徴があります。

  • 裁判所に申し立てを行う必要がある。
  • 司法書士(弁護士)を選任する必要がある。
  • 認められれば借金を返さずに済む。
  • 破産手続き期間中は職業上の欠格事由になる。
  • 持っている資産を手放す必要がある。
  • 名前が官報に記載される。
  • 信用情報機関に登録される。

借金を返さずに済むと言うことはそれなりのデメリットがあると認識しましょう。

ですが、ほとんどの方は、自己破産をしなくても任意整理や個人再生で借金を解決できる人が多いのです。その知識、方法をわかりやすく教えてくれるのが、当サイトで紹介している弁護士、司法書士事務所なのです。

先が見えないと借金の不安に押しつぶされてしまう

全く減らない元本のことを考えると先が見えず、不安ばかりが大きくなります。
借金を解決する正しい情報は、弁護士や司法書士から聞いて確認するしかありません。

弁護士に相談し、債務整理を行っていくと借金減額や金利を下げることができます。
実際にこれをやることで本当に肩と心にのしかかっていた苦しみが軽くなります。

先が見えると人は前に進みやすくなります。

「借金を返せるんだ」という希望が見えたことで人生を再起した方はたくさんいます。

あなたにも生きる希望を実感していただきたいと思います。
これは大げさではなく、債務整理を行った人が皆感じることです。

借金を返したい。
なんとかしたいと本気で思うならば、弁護士、司法書士事務所に相談することをおすすめします。

あなたのその勇気が、人生を良い方向へ変えていくのです。

→ TOPページヘ