増えている借金の理由No1がこれ

借金の理由No1

今増えている借金の理由No1は何だと思いますか?

それが「生活費の足し」です。
特にぼく普通に生活しているはずのサラリーマンに増えています。
当たり前と思いましたか?

実は以前はギャンブルやパチンコ、女性ならブランド物のバッグや服の購入など派手な浪費が原因でした。それが今は生活費が足りないから、しょうがなく借りる人が増えているのです。

契約社員の方も増えていますし、正社員だとしても会社の業績の悪化で減給になったサラリーマンも多いでしょう。特に贅沢をした理由もないのに、生活費を工面できず借金してしまう人が増えているのです。

最低限の付き合いでも家計を締め付けている

サラリーマンであれば、会社の同僚や先輩、友人の冠婚葬祭の出費があります。月に1回結婚式があるだけで、生活費が激減するサラリーマンも多いのではないでしょうか?

今の給料でギリギリと言うサラリーマンが多いのが現状です。給料が少ないから結婚に踏み切れないと言う話や、車が若者に売れていないというニュースを見たことがあると思います。未来に希望が持てず、今の給料が生活するだけで精一杯なのですね。

そこに急な入り用があると、途端に返済ができなくなるのです。
最低限の付き合いもギリギリの状態なのが実情ですね。

何をするにもお金がかかる世の中

今は何をするにしてもお金がかかってしまいます。特に関東圏に住んでいると住宅費だけでお金が相当かかってしまうので、本当に生きるのに精一杯のサラリーマンも多いと思います。毎月の家賃が払えない。そうなるとクレカやキャッシングに頼ってしまうのです。

給料以上の支払をすることはできません。
今の御時世、昇給を期待することはできませんよね。
となると、返しきれない借金は給料以外で工面する必要があります。

その解決策が弁護士に依頼することなのです。
数ある解決策の中で弁護士への依頼が最善策と言って良いでしょう。

弁護士の依頼が一番最善の理由

ずばりそれは、毎日の仕事として扱っている件数が違うからです。
私達が直面しているのは、”自分の借金問題”です。

弁護士、司法書士の方はそれを仕事として扱い、プロとして交渉手続きをしています。
対応してきた数も、積み重ねてきた経験も違います。

この膨大な経験値を借りるのです。

  • 自分の借金をどうすれば減額できるのか。
  • 書類は何が必要か。
  • 支払い過ぎていた借金の過払い請求はどうすれば良いのか。

ちょっとした事すらわかりません。

しっかりと調べればわかると思います。
でも、働いているあなたにそのような時間はあるでしょうか?

ないはずです。
だからこそ、弁護士さんに相談するのが一番早い解決方法なのです。

→ 弁護士さんおすすめランキングページヘ