来月の借金支払いが辛いと思ったらすること

来月支払いが辛い

来月の支払いが辛いと思ったら、もうそれは黄色信号。人によっては赤信号かもしれません。

来月の支払いができないと言うのは、収入が支出に追いついていない。
収入以下の生活をしていないと言うことになります。

そうは言っても、どうしてもお金を使ってしまうことってありますよね。
もらった給料では生活費の足しにならず、お金を借りてしまう人が本当に多いそうです。
贅沢しているわけではなく、生活するお金が足りないがために・・・です。

ですがあなたは今、「もう借金は嫌だ。なんとかしたい」と強く思っているはずです。 自分が今の自分の状況を変えたいと本気で思ったのであれば、必ず変わることができます。もう借金が嫌だと本気で思ったのであれば、その借金をなくすために一歩を踏み出せば良いのです。

生活を切り詰めても、借金は返せない

今ある借金は節約するだけでは返していくことができません。
節約するにも限界がありますし、急な出費が発生したらすぐに家計にボロが出てしまいます。

給料だって急激に増えることはありません。ごく一部の企業は儲かりますが、残念ながらほとんど全ての企業が右肩上がりにはなりません。このままの生活をしていては借金を返せないのは明白です。来月返せない借金は、これからもずっと返していくことはできません。

その結果、滞納することになります。
滞納すると取り立てが始まります。当たり前ですよね。借金を返していないのですから。

取り立てが始まると精神的に追い詰められてしまう人も多いのです。
ならばどうすれば借金を解決することができるのでしょうか。
その答えが下記になります。

借金を返せなくなったらすぐに専門家に依頼しましょう

ほとんどの方がギリギリになっても弁護士に相談しません。
どうしようもなくなってから相談しにいくのですね。

実は今相談するのと、どうしようもなくなってから相談するのは何も状況は変わらないのです。むしろ悪くなると言った方が良いかもしれません。来月支払いが辛いと言うのは、再来月もその次の月も辛いのです。

弁護士や司法書士に相談し債務整理の手続きをすると、色々な制限がつきます。
強制的に生活を切り詰めることになります。

債務整理の内容によっては7年~10年の間はローンは組めませんし、クレジットカードを使うこともできなくなります。借金が減額になりますが、全て現金決済をする必要が出てくるのです。でもですよ、借金を本気でなくしたいと思っているのであれば、この苦しみは受け入れなくてはいけません。

いつになったら完済出来るのだろうか?という先の見えない返済ではなく、
来年の◯月まで頑張れば完済できると言う道筋が見えるのが大事。

同じ返済でも生活する上でのモチベーションはまったく違ってきます。
借金をなくすことができると、精神的にとてもラクになります。

ここで無駄な出費を我慢して借金返済ができれば、完済はすぐに見えてきます。
明るい未来はもうすぐですよ。下記リンク先に経験と実績のある弁護士事務所、弁護士紹介サービスを記載しました。あなたが一から探すよりも早く力のある弁護士が探せるので参考にしてみてください。

>> 当サイトが吟味した相談できる弁護士ランキング