生活費が足りなくてお金を借りてしまった【積み重なった借金が膨大に】

seikatsuhi

生活費が足りなくてお金を借りる人が今増えています。その時は数万円だとしても足りない月に数万ずつ借りていると、気が付かないうちに借金の金額は増えていくものです。

ほとんどの方が「ほんのちょっとなら大丈夫だよな・・・。」
そう思いながら借りるのです。ここまでは良いのですが実は余裕がある月があったとしても返済に回さない人が多いのです。

そうなるとただ借金が積み重なってしまい、気がついた時には返済できない金額になってしまうのです。ここまでくると返済日が近づくに連れて胃が痛くなり、恐怖となってきます。

もう毎日起きるのもつらいわけです。何かを買おうとしてもすぐに「お金がない」の言葉が頭をよぎるわけです。「明日に繋がるものが何もないのではないか」そう感じてしまっていませんか?

借金はもう嫌だ!と本気で人生を変えようとするなら

借金は誰でも嫌なものですが、自分の手に負えなくなった借金を解消したいと本気で思うのであれば、その方法があります。

それが借金を解決してくれる弁護士に相談することです。最近はTVで過払い金請求のコマーシャルをやっていることが多くなっているので見たことがあると思います。

あれは「借金に困っているなら弁護士に相談してください」と言っているのですね。

弁護士に依頼すると莫大なお金がかかってしまうのでは?と不安になるかもしれませんが、借金以上のお金を支払うことにはなりません。今ある借金を減少させた上で、返済できるような料金体制になっているのが普通です。

>> 借金解決に必要な弁護士費用について

もちろん弁護士に依頼すればすべてがおわりと言うわけではありません。依頼した後に減額になった借金をきちんと返済しなくてはいけないのです。

ここで、気の緩みから返済を滞らせたりすると、弁護士からも見放されることになります。減額されたのに返済しないのですから信じて手続きをする事ができなくなりますよね。

そうなると悲劇しか待っていません。本気で借金を返しきって新しい人生を歩みたいと思う人だけが未来への一歩を踏み出すことができるのです。

弁護士に依頼すると自己破産を進められる場合もあります。これは借金を返さなくて良い状態なのですが、次は自己破産はできません。「困ったら自己破産をすれば良いんでしょ?」と言う信じられない考えの人がいますが、自己破産は人生で一度きりと認識しておきましょう。

つまり人生にとっての切り札です。使わないに越したことはないのです。

本気で弁護士に相談した人の多くは借金を解消できている

ここまでの話で少し脅かしてしまう内容になってしまいましたが、実際は少し臆病になっている人の方がきちんと返済することができています。気が大きくなってしまうよりも、慎重に行動しようと心がけている人が返済できるのは当たりまえと言えますよね。

今の世の中急激に給料があがることはありません。ごくごく一部の景気のよい企業だけが昇給しているだけです。良い情報も悪い情報もすべて自分にどう影響するのか判断して生活しなくてはいけないのです。

自分だけで判断できないことも出てきます。それを弁護士さんに相談してみてください。借金問題を専門に扱ってきた弁護士さん(司法書士さん)は、色々なケースを見てきています。

あなたが不安でどうしてよいかわからないことも、今までのケースから良い提案をしてくれます。何もせずにそのままでいることが一番のリスクです。

→ 借金問題を解決してくれる弁護士事務所はこちら